毎日カードを引いてみて気づいたこと。

結論、カードはもういいかな。

というのも、毎日引いても

「いいカード出ますように。」

と強く願い、「くじ」的な意味合いを感じるようになりました。
あんなに(どんなに?)好きだったカードですが、自分にグラウンディングをして…という項目を設定してもやはりいいカードが出ると「うれしい」という感覚になり、それはやはり正直な気持ちです。
応援してくれるカード、いわゆる「悪いカード」が出ると朝からチョッピリ憂鬱。
悪いカードが出たって知っていれば、転ばぬ先の杖、心して過ごせば対応策もあると考えていたので「毎日の行動指針」と言っていたけれど、いいカードが出ますようになお願いの時間になっていることに気づきました。

 

4ヶ月間、毎日引いてきた結論がこれか!という想いもありつつ、でもの結論を得るために毎日引いていたのだと納得しました。

やってみなければ出てこなかった結論。
やったからこそ出た結論。

 

今までありがとうカードたち!

またお世話になる時が来たらよろしく!

 

次は、スピリチュアルにどっぷりつかっていたけれど卒業が近いという話を書くかもしれない気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です